いつまでも健康で長生きしたい|糖尿病の治療中でも安心のサプリ

大切なエネルギー源

夫妻

血糖値が下がらない

私たちの身体を動かす大切なエネルギー源がグルコースです。血中グルコース濃度を血糖値と呼び、正常であれば空腹時の血液中に80mg/dlから110mg/dlのグルコースが含まれています。そして、運動をすることで血糖値を下げることができます。血糖値は食後に上昇しますが、140mg/dlを超えることがないとされています。それは、膵臓から分泌されるインシュリンの働きによって、血液中のグルコースが肝臓や筋肉にグリコーゲンとして蓄えられたり、脂肪となって蓄積されるからです。しかし、血糖値が下がらないと糖尿病になってしまうのです。糖尿病には1型と2型があり、前者は膵臓が傷害を受けインシュリンが出なくなってしまうタイプです。後者はインシュリンは出るものの、肝臓や筋肉、そして脂肪細胞等のインシュリン感受性が低下するタイプです。

血糖値を下げる手段

1型糖尿病では、インシュリンを注射して血糖値を下げることになります。しかし、2型糖尿病の初期の段階では、生活習慣を見直すことで改善が見込まれます。2型糖尿病のようにインシュリン感受性が低下してしまう原因に、肥満が考えられています。ですから、肥満を解消することができれば、2型糖尿病も改善できる可能性があるのです。そのためには、食事内容の見直しを行い、運動習慣をつけることが重要になります。また、アルコールの飲み過ぎも良くありませんから、お酒は控えましょう。最近では、糖尿病予備軍と呼ばれる人々の間で、糖尿病予防のために食後の血糖値の上昇を抑える効果が期待できるサプリメントやお茶等の人気が高まっています。